最近、育毛シャンプーと同様に、「薬用シャンプー」という表記を見かける人も多いのではないでしょうか。
今回は、「育毛シャンプー」と「薬用シャンプー」の違いについて解説したいと思います。

近頃人気の「薬用シャンプー」とは

育毛シャンプーは、薬用のものと薬用ではないものがあります。
頭皮に悩みを抱えた人など、最近人気が高まっている「薬用シャンプー」ですが、「薬用」と言っても、「薬」は医薬品ですが、「薬用」は、医薬部外品です。
医薬部外品は、シャンプーだけでなく、化粧品やサプリメントにも数多くありますので目にする人も多いでしょう。
医薬部外品の認定を受けたシャンプーを「薬用シャンプー」といいます。
つまり、薬のようなはっきりとした効果はないものの、通常の化粧品よりも効果が期待できるとして薬と化粧品の中間として厚生労働省が薬事法で認めたもの、ということになります。

使い分けとしては、医師の診断を仰ぐほどの重度なトラブルが出ている場合は「薬」を処方してもらい、自分自身で日常のケアによって症状を改善する場合は、医薬部外品である「薬用」を利用すると良いでしょう。

特に女性の場合は、頭皮も男性に比べデリケートです。
薬のような高い即効性や効果はありませんが、低刺激で毎日使い続けることで、効果が期待できると、男性だけでなく薬用シャンプーを選ぶ女性も増えてきました。

薬用シャンプーの有効成分

頭皮の爽快感ばかりを追究し、洗浄力の強いものを使い続けると、髪を洗うたびにどんどん頭皮を傷つけてしまいます。

髪の毛や頭皮を育てて、髪を強く、頭皮環境を改善する「育毛シャンプー」の中でも、薬用シャンプーには、厚生労働省のお墨付きをもらうために、頭皮環境を改善に必要や有効成分が配合されています。
実際には、一口に薬用シャンプーといっても、その成分は多種多様です。
どの商品も頭皮ケアに重点をおいていることには間違いないのですが、薬用シャンプーは主な有効成分によって、フケを改善するものと炎症を抑えるものに分けられます。
それぞれの主な有効成分は次のとおりです。

■フケを改善する有効成分
・ピロクトンオラミン
・サリチル酸
・ジンクピリチオン
これらは、フケの原因となる細菌の繁殖を防止するのに効果があります。
特に、サリチル酸は頭皮の余分な皮脂を分解する効果が高く、頭皮の脂が多い人におすすめです。

■炎症を抑える
・グリチルリチン酸ジカリウム
(グリチルリチン酸2K)
炎症を抑える(抗炎症作用)のに優れ、頭皮の細菌繁殖防止に効果があります。
漢方薬の天草によく配合されているものです。
その他、薬用シャンプーには、汗や臭い防止、我慢できないかゆみ、頭皮湿疹、髪の毛のべたつきなどのケアにも効果のある成分が配合されています。

また、薬用シャンプーは古い皮脂を洗い流してくれるので、頭皮の臭いも改善され、保湿効果もありますので、頭皮の乾燥を防ぐ効果も高いです。
しかし、皮脂を過剰に取り過ぎず、最低限の皮脂を残すような洗髪を心掛けましょう。

育毛シャンプーと薬用シャンプーの違い

薬用シャンプーも、頭皮環境を改善するのに効果がありますので、もちろん育毛シャンプーと同様に薄毛対策としても利用することができます。
それでは、育毛シャンプーと薬用シャンプーはどのように違いがあるのでしょうか。

育毛シャンプーと薬用シャンプーはよく似ていますが、大きく異なる点があります。
それは、薬用シャンプーと名づけるためには公的な機関に認められなければなりませんが、育毛シャンプーの中にはチェックを受けていない商品もある、ということです。
育毛シャンプーも薬用シャンプー同様に、グリチルリチン酸2K、ピロクトンオラミン、サリチル酸などが配合されていますが、チェックを受けないため、その成分や効能は商品により様々です。

公的な機関に認められるということは、薬ほどではないが、薄毛や育毛効果がある程度実証されているということになります。
医薬部外品としての有効成分が、一般的な育毛シャンプーよりも期待できます。
だからと言って、公的な機関に認められていなければ薄毛や育毛効果がない、という訳ではありませんが、薬用シャンプーの方が公的な検査を通過しているので、安全性が高いと言えるのではないでしょうか。

女性には薬用シャンプーがおススメ?

育毛シャンプーでも商品によっては、高い効果が期待できるものもありますが、薬用シャンプーは、乾燥に悩む女性にとっては特におすすめです。
そもそも男性と女性とでは頭皮に関する悩みが異なります。
男性は、頭皮の皮脂の分泌が活発なので、髪の毛や頭皮もベタつく人が多いようです。
しかし、女性は男性に比べて皮脂の分泌がそれほど多いわけではありません。
反対に、加齢やストレスによるホルモンバランスをくずし、皮脂分泌が過剰になってしまう人もいます。

薄毛の悩みも、男性は生え際や頭頂など、いわゆる「てっぺんハゲ」が気になり、女性は髪の毛全体のボリュームが気になるなど、悩みも異なります。
また、30代を過ぎるとすすむ肌の乾燥も、男性より女性の方が多く、40代、50代になると、皮脂分泌の盛んな男性は、肌がつやつやしている人はめずらしくありませんが、女性はほとんどの人が乾燥に悩まされています。
乾燥や頭皮環境のバランスに悩む女性には、特に使っていただきたいシャンプーと言えるでしょう。

薬用シャンプーが効果的なのはどんな人?

薄毛や頭皮環境改善に効果が期待できる薬用シャンプーは、特にどんな人におすすめなのでしょうか。
・フケやかゆみといった症状が出ている人、
・頭皮が乾燥していると感じる人
・髪の毛や頭皮のベタつきが気になる人
・薄毛や抜け毛などに悩んでいる人
こんな人には薬用シャンプーが特に効果的です。

薬用シャンプーに配合されている有効成分「グリチルリチン酸2K」は、傷んだ頭皮や炎症などによりトラブルを起こしている地肌を整えるのに高い効果を発揮します。
肌荒れしやすい人には薬用シャンプーをおすすめします。

薄毛や頭皮に悩みがある人は、今までと同じ生活では間違いなく薄毛は進行していくでしょう。
育毛シャンプーの中には、十分な効果が期待できないものもありますし、薬用シャンプーでも完全に薄毛が治るとは言いませんが、一度使ってみる価値はあると思います。
薬用シャンプーの効果を是非実感してみてください。

この記事を読んだ人は一緒にこちらの記事もチェックしています

何が違う?チャップアップシャンプーと市販シャンプーとの違いを検証!

チャップアップシャンプーとイクオスシャンプーを比較

チャップアップシャンプーとボタニスト(BOTANIST)の比較

チャップアップシャンプーとスカルプDシャンプーを比較!

チャップアップシャンプーとプレミアムブラックシャンプーを比較!

チャップアップシャンプーとブブカシャンプーを比較してみました!

チャップアップシャンプーとサクセス薬用シャンプーとの比較

チャップアップシャンプーが気になる人が読む記事ベスト3

第1位

育毛に効く?効かない?チャップアップシャンプーの効果を徹底解剖!

第2位

チャップアップシャンプーとプレミアムブラックシャンプーを比較!

第3位

チャップアップシャンプーで育毛できた芸能人は?最近髪増えたよね?

チャップアップシャンプーに関する記事を一覧紹介★

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー体験談