近年、薄毛や抜け毛など、頭皮や髪の毛に関する悩みを抱えている人が増えているそうです。
皆さんも一度はネットやテレビのCM、ドラッグストアなどで育毛シャンプーを目にしたことがあるのではないでしょうか。
現在では、多くの育毛シャンプーが発売されていて、どれを選んだら良いか迷うところだと思います。
今回は、育毛シャンプーの選び方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

育毛シャンプーとは

不規則な生活や食生活に加え、日常生活のストレス、誤ったヘアケアなどの原因により健康な髪が育つことができない頭皮環境を改善し、髪の毛を丈夫で太く増量させることを「育毛」と言います。
「育毛シャンプー」は、そうした頭皮や頭髪を正常な状態に保つことを目的としてつくられているものです。
「スカルプシャンプー」とも呼ばれます。
一口に「育毛シャンプー」と言っても、血行促進効果の高いものや、汚れや皮脂を落とし、臭い防止効果のあるものなど、メーカーも特徴も様々で、質の高いシャンプーが販売されるようになりました。
しかし、中には頭皮への刺激が強く、過剰に皮脂を洗い流してしまうシャンプーや、殺菌成分を配合し、頭皮環境をさらに悪化しかねない危険なシャンプーも販売されています。
どんなシャンプーを使うかで、頭皮環境は決まりますので、正しい知識を身につけてシャンプー選びをすることが、育毛では重要と言えるでしょう。

おさえておこう!育毛シャンプーの正しい知識

シャンプー選びの前に、育毛シャンプーについてまず知ってほしいのは、
「育毛シャンプーで発毛するわけではない」
ということです。
育毛シャンプーは、頭皮環境を整え、強い毛髪に育て、髪を生えやすくするすることが目的だからです。
ネットの口コミなどで、「育毛シャンプーで髪の毛がはえてきた」という書き込みを見たことがありませんか?
育毛シャンプーには、育毛剤のような直接的な効果はありません。ですが、いくら良い育毛剤を使用しても、髪の毛が育つ環境がなければその効果は無駄になってしまいます。
間違った育毛を続け、頭皮環境が悪化することを防ぐためにも、正しい知識を把握して見極めることが大切です。
育毛シャンプーは多くの種類がありますが、毎日使うものですので、自分に合ったものを見極めるようにしましょう。

育毛シャンプー選びのポイント1 洗浄成分

シャンプーですから、どの商品にも頭皮や髪の毛を洗う洗浄成分が必ず入っています。
育毛にはこの「洗浄成分」が大変重要です。
通常、シャンプーは配合されている洗浄成分によって、「アルコール系」、「石けん系」、「アミノ酸系」の大きく3種類に分かれます。
薄毛の人の頭皮は衰弱が進んでいて、強力な洗浄成分が配合されているアルコール系のシャンプーを使用してしまうと、免疫力が一気に落ち、薄毛がさらに悪化する可能性が大です。
高級アルコール系シャンプーの一例を挙げると、「サクセス薬用シャンプー」や「メリット」などがあります。

また、育毛をうたっているシャンプーの中には、髪をゴワゴワにしてボリュームアップしたかのように思わせる危ないものもあるようです。
こういったシャンプーは、強い洗浄成分を配合していることが多く、頭皮へ大きなダメージも与えてしまいます。

「アミノ酸系」シャンプーは、優しく洗いながら頭皮環境を整えることを目的に作られていますので、育毛を考えている人は、アミノ酸系の育毛シャンプーを選びましょう。
アミノ酸は、人間の髪は肌をつくる「タンパク質」の原料となる成分です。
髪の毛だけでなく、内臓や筋肉まで人間の体に必要不可欠な成分ですので、他の洗浄成分に比べて低刺激で、頭皮や髪に余分なダメージを与えません。
サロンなどで使われているシャンプーはこの「アミノ酸系」が多いです。
育毛には、「アミノ酸系」のものを選ぶことが重要なポイントです。

育毛シャンプー選びのポイント2 保湿成分

次に大切なポイントは保湿成分です。
肌や髪の毛に気を遣う人は多いですが、頭皮の保湿を気にしている人は意外に少ないのではないでしょうか。
フケやかゆみの最大の原因は頭皮の乾燥です。
頭皮が乾燥すると表面の皮脂も減少し、頭皮を保護する力が弱まり、乾燥が内部にも広がってしまいます。
髪や頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーで洗浄しても、そのままでは頭皮は乾燥して弱ってしまい、外部からの刺激が加わりかゆみを感じるようになります。
フケは、頭皮の水分が不足し、頭皮から硬くなった角質がはがれたものです。
乾燥は血行不良の原因となり、薄毛、抜け毛を起こす可能性も少なくありません。

また、乾燥がさらにすすむと、頭皮は皮脂の分泌をコントロールすることができなくなり、反対に皮脂を過剰に分泌することもあります。
脂性の人でも、頭皮の皮脂を必要以上に除去するのは大変危険ですので注意してください。
他のシャンプーに比べてアミノ酸には保湿力がありますが、さらに保湿効果の高い成分、
・ヒアルロン酸
・プラセンタ
・アロエエキス
・イチョウ葉エキス
などが含まれているか、チェックすることが大切なポイントです。
アミノ酸系の育毛シャンプーは、保湿効果が高いものが多いのですが、髪のパサつきや敏感肌、乾燥肌の人は特に保湿成分に注意してください。

育毛シャンプー選びのポイント3 添加物の有無

育毛シャンプーの中には、頭皮トラブルを起こしかねない危険な添加物が含まれている場合があります。
「香料」や「着色料」、石油系の「界面活性剤」などは、頭皮への刺激が強く、頭皮環境が悪化する恐れが高いと言われています。

また、殺菌力が強い防腐剤を使用しているシャンプーもあり、頭皮への影響が懸念されるところです。
せっかくアミノ酸系のシャンプーを選び、保湿に注意しても、添加物が配合されていれば頭皮環境を悪化させる可能性もあるので、危険な添加物をしっかり把握しておくことがポイントです。
現在販売されている人気のある育毛シャンプーは無添加のものが多いですから、できるだけ「天然由来成分100%」のような添加物のないシャンプーを選ぶようにしましょう。

「育毛シャンプー」とは名ばかりの、知名度や見た目や値段といった、成分とは関係ないものでシャンプーを選んでしまうと、育毛にならないどころか頭皮に悪影響を及ぼしかねません。
本当に良いシャンプーをしっかりと見極めて選びましょう。
得に私がおすすめするのはチャップアップシャンプーです。