チャップアップシャンプーの副作用

育毛シャンプーのランキングでいつも上位にランクインしているチャップアップシャンプーですが、使うときに気を付けたほうがいいことはあるのでしょうか?

こちらではチャップアップシャンプーの気になる副作用について、また副作用を感じずに使う方法について詳しくお話しています。

 

 

シャンプーに含まれる副作用成分

市販されている一般的なシャンプーには、さまざまな添加物が配合されています。

意味もなく入っているわけではなく、洗浄力を高めたり、品質の低下を防いだりといった役割があって配合されているのですが、人によってはお肌に合わなかったり、かゆみを覚えたり、アレルギーを発症してしまうこともあります。

その主な成分をご紹介します。

 

・ラウリル硫酸ナトリウム

・ラウレス硫酸ナトリウム

・ジメチコン・シロキサンなどのシリコン成分やポリマー

・防腐剤

・着色料

・酸化防止剤

・合成香料

 

これらの成分は石油系の化学物質であることがほとんどです。

市販のシャンプーは安価に大量生産しなくてはならないため、こういった成分が配合されていることが多くなっています。

ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス硫酸ナトリウムなど石油系の洗浄成分は皮脂を必要以上に取ってしまい、頭皮を荒らす原因となります。

また髪の手触りをよくするシリコン成分やポリマーは、頭皮や体の皮膚に張り付いて皮膚炎やかゆみの原因となることも。

防腐剤や着色料、酸化防止剤なども敏感肌や乾燥肌の人には、皮膚トラブルを起こすもとになることがあります。

 

チャップアップシャンプーの副作用は?

 

チャップアップシャンプーの副作用

チャップアップシャンプーを使うことで副作用が起こる可能性はあるのでしょうか?

一般的なシャンプーに多く含まれている副作用を起こす成分を先に上げましたが、チャップアップシャンプーにはこれらの成分はどれも入っていません

ですから頭皮が荒れたり、アレルギー症状を引き起こしたり、シリコン成分が体についてヌルヌルしたりすることはないのです。

上記の成分以外にはローズマリー葉エキス、セージ葉エキスなどの植物由来成分が配合されていますが、それらは育毛成分としてよい効果はあっても悪い作用はありません。

チャップアップシャンプーは髪や頭皮によくないとされる副作用成分を徹底的に排除した、ある意味めずらしい育毛シャンプーであるといえます。

 

チャップアップシャンプーを使ううえでただひとつマイナス点といえるのは、アミノ酸系洗浄成分でマイルドに洗い上げるため、超がつくほどの脂性の人にとっては洗浄力が物足りないと感じる可能性があります。チャップアップシャンプーの副作用

過剰な皮脂の分泌は、脂っこい食べ物の取りすぎや、市販のシャンプーの強い脱脂作用の弊害が原因ともいえるのですが、そのような人にとってはチャップアップシャンプーを使い始めたころはベトベトすると感じることも。

チャップアップシャンプーを使い続けていれば次第に皮脂の分泌も正常に近付いてくるのですが、やはりぬめり感やベトつきに関して不快だと感じることもあるでしょう。

 

 

チャップアップシャンプーの副作用を防ぐために

チャップアップシャンプーを使ってみてベトつきを感じる人は、それまでに使っていたシャンプーで頭皮の皮脂を取りすぎていたという前歴があることが多いです。

スッキリとした爽快感のある洗浄力の強いシャンプーを使っていた人はなおさら、失った皮脂を補うために毛穴から過剰な皮脂がどんどん分泌されてしまいます。

そういう人がチャップアップシャンプーにチェンジするときには、一時的にベトベトするという副作用を感じることも。

チャップアップシャンプーを使っていくうちに、頭皮から分泌される皮脂の量は次第に落ち着いてきますが、それまでには数週間かかると思っておきましょう。

シャンプーの際にはまずしっかりぬるま湯で余洗いをし、シャンプーは2回行います。

しっかり皮脂を取りたいからといってゴシゴシこする必要はありません。

指の腹を使ってやさしく皮脂をもみだす感じで、ていねいにマッサージするように洗いましょう。

チャップアップシャンプーはコンディショナーやトリートメントは必要ありませんから、しっかりとタオルドライの後にドライヤーで乾かします。

洗い上がりのさっぱり感が物足りないと感じるかもしれませんが、それくらいが頭皮の健康にはいいと考えてください。

これまでが皮脂を取りすぎていたのだという事実を、チャップアップシャンプーを使っていくうちに実感できるようになるでしょう。

チャップアップシャンプーに関する記事を一覧紹介★

チャップアップシャンプー

チャップアップシャンプー体験談